【S’NEXT】final新製品「A8000」やS’NEXT取り扱いブランドの見どころをご紹介します!

  1. 出展社ニュース
  2. 324 view

final「A8000」

S’NEXTブースでは、12月13日発売の新製品「A8000」の展示を行ないます。
「A8000」は音楽を聴いて得られる高揚感を、トランスペアレントな音で実現するfinalの新たなフラッグシップイヤホンです。トランスペアレントな音とは、立ち上がりが速く空間に音が浮かぶような感覚の音で、遠くに定位する音が明瞭である音のことをいいます。A8000はさらに時間応答に優れていることから、Dシリーズに迫る広さでダイナミックレンジの幅の狭いPOPSやロックでの解像感からダイナミックレンジの広いクラシックやジャズでの音場感まで幅広い音楽で高揚感を得られる音質となっており、この幅広さが、音圧周波数特性のみで音が作られた製品との大きな違いとなっています。時間応答の良いトランスペアレントな音は、強い個性によって少数の熱狂的なファンを生むという手法で作られた音ではなく、より高い普遍性をもっています。それがA8000の最も大きな特長と言えます。是非S’NEXTブースにてお試しください。

 

ag「TWS03R」

agの新製品「TWS03R」をS’NEXTブースで展示致します。agというブランド名は、めったにないという意味の古語「有り難き」に由来しています。ラインナップは製品を選ぶ際のガイドとなるようにマニアのサブ機としてふさわしい音質のKシリーズと、手頃な価格と使いやすさを求める方向けのRシリーズの2つに分かれます。
Kシリーズは優れたという意味の古語「かしこし」から命名。Rシリーズは可愛らしい、いとおしいの古語である「らうたし」より命名しました。Rシリーズの新製品「TWS03R」は完全独立イヤホンとしての基本性能はクリアした上で、使用して初めて気がつくようなちょっとしたお悩みを解決する細やかな気遣いがあります。TWS02Rと比べても小さくシンプルな形状により、今まで、耳のサイズが小さいことで装着に困っていた方にも、快適にフィットします。本体と充電ケースは粉雪塗装を施したマット仕上げ。指で触れた際に皮脂や指紋がつきにくく、汚れが気になりません。また、耳垢汚れが目立たない半透明イヤーピースを採用していますので、人前でイヤホンを耳から外す際にも安心です。紛失時にも片耳での購入が可能と、不安な部分への配慮もあり、初めての完全独立型イヤホンに最適です。
「TWS03R」もS’NEXTブースにてお試しいただけますので、ぜひブースにご来場くださいませ。

 

MEZE「RAI SOLO」

先月発売のMEZE「RAI SOLO」を展示致します。「RAI SOLO」は、大変ご好評をいただいております、5ドライバー搭載のハイブリッド型イヤホン、「RAI PENTA」の弟にあたる兄弟機です。
「RAI SOLO」は新開発のUPM(ユニファイドピストニックモーション)採用の9.2mmダイナミックドライバーを1基搭載。従来のドライバーではボイスコイルから伸びるワイヤー(引出し線)によって、ボイスコイルのスムーズな動きが妨げられる問題を抱えていました。新開発のUPMダイナミックドライバーでは、振動板に導電性を持たせることにより、引出し線を必要としない設計を可能としました。
その結果、ボイスコイルがスムーズに動くことができ、淀みのないクリアなサウンドを実現しています。
「RAI SOLO」もS’NEXTブースにてお試しいただけますので、ぜひブースにご来場くださいませ。

 

DITA 「Dream XLS」

先月発売のDITA 「Dream XLS」を展示致します。「Dream XLS」は、新開発のダイナミックドライバー「Ultra-linear(ウルトラリニア) XLS Driver Gen. XLS」とCNC加工のチタン製筐体で構成されており、新開発のドライバーは「Dream」に採用されていたドライバーであるDream Gen 1をベースに新設計したものです。特に、振動板に用いられる素材を改良したことにより、Dream Gen 1の特徴である、音の立ち上がりの良さと深みのある低域を維持しつつ、XLS(エクストララージサウンドステージ)という製品名にあるように、煌びやかな高域と広大なサウンドステージを実現しました。 「Dream XLS」もS’NEXTブースにてお試しいただけますので、ぜひブースにご来場くださいませ。

 

FiR AUDIOポタフェス初展示

FiR Audioとは老舗IEMブランドのプロダクトデザイン、サウンドデザインの責任者として10年以上同社をリードしてきたBogdan Belonozhkoが、会社の成長につれ、色々な制約が出てくる中で、もっと自由に自分の求める製品を、もっと多くのエンドユーザーに届けたいという思いから2018年に設立したブランドです。
今回は、FiR Audio製品の中でも最新のIEM、「Mシリーズ」を参考出展いたします。

 

Earsonics「Stark」「Blade」

Earsonicsは、既存モデルに加えて下記の新商品である「Stark(スタルク)」と「Blade(ブレード)」の2製品参考展示させていただきます。
「Stark」と「Blade」はイヤーソニックス初の試みであるダイナミックとBAのハイブリッドでメタル製シェルを採用。それぞれドライバー構成が異なり、「Stark」は1ダイナミック+4BAの5ドライバー、「Blade」は1ダイナミック+2BAの3ドライバーでケーブルも新たにMMCXを採用しました。
S’NEXTブースでは両機種の試作機を参考展示致しますので、ぜひお試しくださいませ。

 

■出展情報

ブースNo 2F-37  S’NEXT株式会社 ブース

【会場マップはこちら】

関連記事